効果の高い動画広告

動画広告は、ネットを利用したことがあるなら、大抵の人が目にしているはずです。なバー広告や動画広告など種類はいくつかありますが、動画広告を取り入れ広告のメリットを実感している企業やショップは少なくありません。動画広告を取り入れたいと思っている時、効果を得やすい動画広告の特徴を知っていれば、制作の時役に立つかもしれません。

数十秒という動画広告でも、つまらない内容はすぐに離脱してしまいます。ポイントは最初にインパクトを盛り込むことです。動画広告でも見たくないときはスキップできますが、最初にインパクトを盛り込むと、もっと見てみたいという気持ちになります。商品に興味を持った人が、すぐ移動できるよう、アクションボタンは常にわかりやすいところに持ってくるのもポイントです。この時、動画の邪魔にならないことも重要です。

動画広告を見るのはPCだけとは限りません。最近はスマホでの視聴も多いので、スマホ用にわかりやすいアピールも必要です。動画広告を見ている環境によっては、大きな音が出せないこともあります。音を大きくできない時のために、字幕を入れておけば音を消していても広告の内容が伝わります。何気ないことですが、効果を高めるには有効ですので、参考にしてください。