動画広告とは?

動画広告というのは、動画で広告を作成し会社や企業の宣伝をすることです。この場合の広告というのは、新聞の折り込み広告のようなカタチではなく、デジタル動画として広告を作ります。それをネットで配信することで、宣伝するのです。

インターネットの普及に伴い、テレビを見るよりもパソコンやスマホ、タブレットでネットを利用する時間が増える傾向にあります。テレビにはCMという宣伝方法がありますが、テレビを見ていない人にはアピールできません。そこで宣伝効果を高めるために、動画広告という手段が選ばれるのです。PCだけでなく、スマホやタブレット向けに作ることもできますし、ネットを活用することでより多くの人にアピールできます。

ただし動画広告をのせるサイトによっては、ターゲットが限られることもあります。いくら目に付きやすいネットを利用していても、それが興味を持ってもらえないような広告では、あまり意味がありません。ターゲットに合わせて、のせるサイトを選ぶことも重要です。

幅広い年齢層が視聴する動画配信サイトには、多くの動画広告が取り入れられています。無料で視聴できるユーチューブなどは、気軽に視聴できるので利用者も多く、より多くの人の目にとまりやすいため、動画広告には最適です。しかし興味がない広告は、最後までいてもらえません。動画広告はただ配信するだけでなく、どのようにして見られているのかなども解析も重要となります。