効果の高い動画広告

動画広告は、ネットを利用したことがあるなら、大抵の人が目にしているはずです。なバー広告や動画広告など種類はいくつかありますが、動画広告を取り入れ広告のメリットを実感している企業やショップは少なくありません。動画広告を取り入れたいと思っている時、効果を得やすい動画広告の特徴を知っていれば、制作の時役に立つかもしれません。

数十秒という動画広告でも、つまらない内容はすぐに離脱してしまいます。ポイントは最初にインパクトを盛り込むことです。動画広告でも見たくないときはスキップできますが、最初にインパクトを盛り込むと、もっと見てみたいという気持ちになります。商品に興味を持った人が、すぐ移動できるよう、アクションボタンは常にわかりやすいところに持ってくるのもポイントです。この時、動画の邪魔にならないことも重要です。

動画広告を見るのはPCだけとは限りません。最近はスマホでの視聴も多いので、スマホ用にわかりやすいアピールも必要です。動画広告を見ている環境によっては、大きな音が出せないこともあります。音を大きくできない時のために、字幕を入れておけば音を消していても広告の内容が伝わります。何気ないことですが、効果を高めるには有効ですので、参考にしてください。


効果について

動画広告には、バナー、自然検索、リスティング、アフィリエイトなどいくつか種類があります。広告の種類によってもコンバージョンは変わってきます。コンバージョンには繋がらなかったとしても、後から検索で広告にたどり着くこともあります。動画の場合は興味がないと途中で離脱しますが、記憶に残っていれば数日後に検索してコンバージョンに繋がることもあります。こういった流れはサイトによる違いもあるので、管理するサイトでどのようにコンバージョンにつながるかを考える手段があると安心です。

動画広告の場合は、動画制作とは違い、広告やメルマガを利用して宣伝します。サイトのトップページだけでなく、お気に入りやSNS、SEOから来ることもありますから、幅広く対応できることは重要です。効果はすぐにでないこともありますが、動画広告を取り入れたことで、売上が上がったなど他の企業やショップで、実際に成果をあげているなど導入実績がある制作会社がおすすめです。

過去の導入事例や実績を確認すれば、自分の会社やショップに取り入れた時にどのように展開していくか、イメージしやすくなります。導入実績では価格についても例として紹介しているので、いろいろなところで参考にできます。


広告で重要なこと

ネット上にはいろいろな動画や広告が存在しています。これらは動画制作会社が作ったもので、会社やショップの宣伝や、商品の宣伝をするために使われています。何気なくネットをしていると、時々突然動画が流れたり、広告がポップアップしたりするのを見たことはありませんか?それらは全て動画広告です。

会社やショップのSNSならコンバージョンを確認しやすいですが、同じ人が何度もクリックやいいね、をしていることもあるので、正確な評価にはなりません。動画広告を取り入れる場合は、正確な数を確認できることが大切です。動画広告の制作を依頼する時は、きちんと効果を確認できるよう対応しているところを選びましょう。

今はPCよりもスマホやタブレットの利用者の方が多い傾向があります。PC用の動画広告だけでなく、スマホやタブレットにも対応しているかどうか確認しておきます。というのも画面の大きさが違うので、それぞれのデバイスに合った動画広告であることが重要だからです。効果を確認するためには解析も必要ですが、PCだけでなくスマホやタブレットの解析もできる方が便利です。解析をする場合は、自然検索か広告かなど、それぞれの詳細を確認できると便利です。


動画広告とは?

動画広告というのは、動画で広告を作成し会社や企業の宣伝をすることです。この場合の広告というのは、新聞の折り込み広告のようなカタチではなく、デジタル動画として広告を作ります。それをネットで配信することで、宣伝するのです。

インターネットの普及に伴い、テレビを見るよりもパソコンやスマホ、タブレットでネットを利用する時間が増える傾向にあります。テレビにはCMという宣伝方法がありますが、テレビを見ていない人にはアピールできません。そこで宣伝効果を高めるために、動画広告という手段が選ばれるのです。PCだけでなく、スマホやタブレット向けに作ることもできますし、ネットを活用することでより多くの人にアピールできます。

ただし動画広告をのせるサイトによっては、ターゲットが限られることもあります。いくら目に付きやすいネットを利用していても、それが興味を持ってもらえないような広告では、あまり意味がありません。ターゲットに合わせて、のせるサイトを選ぶことも重要です。

幅広い年齢層が視聴する動画配信サイトには、多くの動画広告が取り入れられています。無料で視聴できるユーチューブなどは、気軽に視聴できるので利用者も多く、より多くの人の目にとまりやすいため、動画広告には最適です。しかし興味がない広告は、最後までいてもらえません。動画広告はただ配信するだけでなく、どのようにして見られているのかなども解析も重要となります。